サンプル画像

和食の魅力を知ろう

和食の魅力はどんなところにあるのでしょう。日本人として和食の魅力を外国人に語るよう頼まれたら、あなたはどんなお話しをするでしょうか。和食は、基本的には、日本で取れる食材を用いて、日本の独自の調理法で料理されたものといえるでしょう。仮に狭義の「和食」と、広義の「和食」という言い方をすれば、前者の代表が伝統的な京料理、後者になれば、中国では決して食べられない日本独自のラーメンや、もともと海外のものであったトマト由来のソースやケチャップを利用したオムライスなども日本独自のもの、すなわち、和食と呼べるかもしれません。実際に、外国人なら、日本にある世界の他では見られない独自の料理をすべて和食と認識しているかもしれません。「和食」をどちらの意味にとるかによって、その魅力も変わってくるでしょう。京料理に代表される狭義の「和食」は確かにヘルシーです。脂分を使う量がとても少なく、素材の味をそのまま活かすことを心がけているからです。こうした和食の魅力は、やはりその素材の旨みを最大限に引き出すところにあるといえるでしょう。よく言われるとおり、フランス料理が素材の味にソースを足して新たな味を作り出す料理であるなら、和食の素材の味を活かすためにできるだけ手をくわえずにいようとする引き算の料理が和食であるといえるでしょう。素材の味を最大限に引き出すのはどこの料理にもある手法ですが、日本の和食のように、できるだけ手を加えずにそれを達成しようとする努力は独特のものです。これは自然と食材に恵まれた日本だからこそ可能であった発想であり、同時にシンプルでわび、さびの世界が今もそこかしこに息づく日本人の感性がそうさせたといえます。一方で広義の和食に代表される料理は必ずしもシンプルでヘルシーとはいえないかもしれません。高カロリーの料理もあれば、味の濃いものもあります。インド人に「日本のカレーは美味しいけれどカレーではない」という人がいるように、カレーといえども日本流にしてしまうそれが日本人なのです。食は非常に保守的なものです。民族的な好みを変えるのは容易ではありません。日本人のほとんどが米を食べないとか、インド人が香辛料を料理に使わないといったことがとても想像できないように食の保守性はとても強いものなのです。ですから日本に入ってきた海外の食材も海外の料理もいつの間にか日本風の和食になってしまう。この工夫と創意もまた和食の魅力といえるでしょう。