サンプル画像

和食の奥深き世界

和食と聞いたらどんな料理を思い出しますか?あるいは和食に対してどんなイメージを持つでしょうか?人それぞれ様々だと思いますが、ヘルシーであっさりした料理といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?そのイメージがあるのは、和食がヘルシーであると海外で評価されていることが、日本に情報として入り、そのことを強くイメージしているからではないでしょうか?和食がヘルシーであることは多くの場合、その通りだと思われますが、和食の世界はとても幅広く、その定義によっても和食の範囲は変わってしまいます。単にヘルシーだというイメージだけでなく、和食の世界は奥深く、世界に誇れるものです。それだからこそ、様々な食材や料理が和食として世界中で評価されているのです。日本の食材を利用した純粋な和食と呼べる料理もあれば、海外から日本にもたらされ、それが日本風に変化し、日本にしかない「和食」として認識される料理もあります。また和食といえば、そのベースになるのは、やはり主食である米であり、副食の代表である大豆加工品や野菜が中心になる料理ということになると思われますが、海に囲まれ山も多い自然豊かな列島である日本には魚も肉も様々な食材であふれています。しかし、同じ魚や肉を使っても、やはりフランス料理とは違う、厳然とした和食としての特徴が見られます。大豆加工品については、日本では世界でも有数の大豆を上手に利用する民族だと思われます。大豆加工品の代表といえば豆腐であり、発酵を利用した大豆食品といえば納豆、醤油、味噌になるでしょう。その他にも、煮豆もありますし、おからも食べます。また日本人は非常に繊細な舌を持っているとも言われます。微妙な味に反応し、微妙な素材の味こそを評価する伝統もあります。そのベースになるのは、だしであると思われます。和食には必ず何かにだしが使われます。汁物はもちろん、料理の隠し味に昆布だしやカツオだし、じゃこのだしも使われます。そして和食を特徴付ける豊かな野菜類。様々な野菜を旬の時期にあわせ、様々な料理法で日本人は食してきました。野菜のてんぷらや、醤油ベースの煮物など、まさに和食と呼ぶしかないような料理が日本にはあります。また和食はその盛り付けの美しさを評価されることもあります。食材を調理する料理人の腕の見せ所に盛り付けも含まれるのです。世界の3大料理は、フランス料理、中華料理、トルコ料理とよく言われますが、日本料理である和食は、世界のどこの料理とも違う独特の料理でもあるのです。